ハナと、私と、オッサンと。
ハナハチ家の記録です。

プロフィール

ハナハチ

Author:ハナハチ
4歳女子と2歳女子と7歳女犬と、
3?歳オッサンと4人暮らし。
日々のこと、考えること、買い物のこと等を書いています。
*********
7年前、家を建てて結婚して(順番逆。爆)、ハナを迎え、カナミンとシオリンが生まれ、今に至ります。
◆好き◆
 買い物 → 元気の源です。
 家事  → 中でも洗濯が大好き。
 旅行  → いつかは子供たちとハワイに♪
◆嫌い◆
 虫   → 触れません。見るのも無理。
 鳥   → 怖いです。
 仕事  → 2度の育児休暇を経て、ワーママ中!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
子供のウソにどう対処するか

週末は、 いつものメンバーと 恒例のサマーキャンプに行ってきました。

その様子は、 また今度。



あ、 あと、 オッサンが体調崩しています。


まぁ 想定通りなんですけどね。 ←鬼嫁万歳


よえー!!

相変わらず、 よえーよ! オッサン!!!





さて、 昨日の出来事です。


週末のキャンプ疲れがまだ残っている中、 保育園で1日過ごし、

その後 公文でみっちり勉強してきて、 疲れMAX の子供たち。


少しでも早く寝かそうと、 色々と段取りよく

寝るまでの工程をこなしていたのですが、 事件がおこりました。



カナミンとピアノ練習をして、 絵本を読んで、

さぁ 電気を消して寝よう

と思って、 ふと壁を見たら・・・・・

2015080401


なんじゃこりゃーーー?!?!?!?!


いつの間にか、 壁紙がビリビリに破かれていました。



カナミンも ワタシと同じくらい驚いていたし、

ハナは この部屋(子供部屋)には入って来ないし、

状況から考えて、 犯人は一人しかいないと思ったんです。


シオリンに

「これ、 シオリンがやったん?」

と聞いてみたら、

「ちがう。」

と返事。





ハナハチ:「ほんまに違う?」

シオリン:「ちがう。」

ハナハチ:「破ったことより ウソついた方が、 ママは怒るよ。」

シオリン:「ちがう。」


どれだけ聞いても、 絶対に認めません。



ハナハチ:「ママも違う。カナミンも違う。残りはパパとシオリンやで?

      今からパパに電話で聞いてみるで?」


シオリン:「ちがう。」




そこまで言っても 絶対に認めようとしないので、

もしかして 本当に違うのでは? 

実はオッサンがやったのでは?


と思い、 最初っから疑ってシオリンのせいにしてしまった事を

どうしよう・・と 不安になりながら、 オッサンに確認。



結果、 オッサンも違うと返信があり、 ←当たり前か。 爆

それでも まだ認めようとしないシオリンに対し、


「うそつきは この家にいらんよ! 出て行きなさい!!」

と怒って廊下に泣いているシオリンを連れて行ったところ、


「ごめんなさい。 ごめんなさい。」

と必死で謝ってきました。



まぁ、 ワタシが怒っているから 取りあえず謝ってる という感じで、

何が悪かったのか とか、 考えてない感じなんですけどね。



ハナハチ:「最後にもう1回だけ聞くよ! シオリンがやったの?」

シオリン:「ちがう。」(泣きながら)



ほっんと頑固。


廊下に連れ出す → 謝る を3回繰り返したところで、 ちょっと機転をかえて、


ハナハチ:「破ったゴミを持ってきなさい!(怒)」


と言うと、 イソイソと ピアノとソファーの間から、 破った壁紙を持ってきました。



やっぱり シオリンやないかーーーー!!! 激怒




シオリンは 本当に頑固です。

生まれ持った性格なのか、 4年間(現在3歳)の環境でそうなったのか、

よく分かりませんが、 このままだと 社会に出て困る部分も出てきます。



親として、 この先シオリンが困らないようにしてあげたいので、

原因と対策を考え中。


ママに怒られるのが怖くて、 ウソをつく。。。

ワタシもそうだったので その気持ちは分からなくもないですが、

せめて 悪い事をしたら素直に謝る(認める)ということは大事だと思うので、

親子で頑張っていきたいと思います。


えいえいおー




◆今のところ思い当たる原因◆

 ・構ってほしい
   カナミンのピアノ練習中は、シオリン放置。
   それが毎日・・・。
   寂しかったのかな?

 ・ママが怖い
   あまり感情的に声を荒げて怒ることはしていませんが、
   逆に 冷静に(たんたんと)叱られる方が怖いのか?



************************
 今が一番大変!と思ってきた子育て。ずーっと大変。
 参加中のランキング
  にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  ←←←応援ポチッとお願いします
************************

スポンサーサイト
お義父サマは 「くそじじい」?!


集団生活の場である 保育園や幼稚園に通っていると、

良いことも 悪いことも 知らない間に学んでいきます。



良いことなら大歓迎なのですが、

悪いことも覚えて帰ってくるので たまったもんじゃありません。



でも、 数ある「良いこと」「悪いこと」の中から、

どれが「良いこと」で、 どれが「悪いこと」か というのを

自分で選べるようになって欲しいと思うので、

そういう環境にいることは、 それはそれで恵まれているとも思います。



先日も、 「アホ」「バカ」 という言葉を覚えて帰ってきて、

一応これらの言葉は “汚い言葉” として 先生に教わったようなので、

それを理解しているカナミンは これらの言葉を使わなくなりましたが、

意味をあまり理解できていないシオリンが 「アホ」「アホ」言います。


そして、

「シオリンが“アホ”って言ったーー。 泣泣泣」

と カナミンが泣いて喧嘩勃発。  あーややこし。



こういうのは 大人がコツコツと根気よく 教えていくしかないのでしょうね。



さて、 一昨日はお義父母サマの保育園お迎えの日で、 (ピアノの日はお願いしています。)

急いで家に帰ったら

子供たちが お義父様に 「くそじじい」 と言っていました。 orz...



「そんな汚い言葉、 誰に教えて貰ったん?」 と聞くと、

大概 「Yくん♪」 と言うのですが、 (カナミンが一番仲良しの男の子。)

確かに カナミンの言葉づかいが男っぽくなってきています。


「おまえ」 とか 「やめろや!」(やめての意) とか。。。



これは危険。



あれだけ プリキュア!とかアイカツ! とか言っていたのに、

最近は 「妖怪ウォッチ」一色だし、 (最近、ちょっと飽きてきたけど)

なんだか 男子化している気がします。。。


どうした! アイドルになるんじゃなかったんか?



まぁ、 “男だから” とか “女だから” とか 言う気は無いですが、

やっぱり 乱暴な言葉を使うのは気になる所。



なおさら コツコツと教えていかねば・・ と思います。




「くそじじい」の件は、


「“くそ”ってウンチのことやで。

 今度からカナミンのことは “くそかなみ”、 シオリンは“くそしおり”

 って呼ぶことにするわな。」


と言って 暫く そう呼び、



「言われて嫌なんやったら、 カナミンとシオリンも言ったらアカンよ。」



と教えました。


二人とも、 納得したようなしてないような 微妙な反応でしたが、

とりあえず お義父母サマの手間、 “ちゃんと躾してますよ”アピールもあり、 (笑)

ちょっと厳しめに言っておきました。 てへ



ま、 お義父母サマが帰るとき、

「ばいばぁい、 くそじじぃ♪」

って叫んでたましたけどね。。。 


コツコツと。。。 コツコツと ですね。 ふぅ


************************
 そんな子供たちは本日、くそじじぃ お義父サマ宅へお泊り。大丈夫かなぁ。。。
 参加中のランキング
  にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  ←←←応援ポチッとお願いします
************************

挨拶がしっかり出来る子になって欲しい

少々 運動神経が悪くても、

少々 お勉強が苦手でも、


挨拶は しっかり出来る子になって欲しい


と思っています。




朝の 「おはよう」 から始まり、

食事の時の 「いただきます」、「ごちそうさまでした」、

その他 「いってきます」「ただいま」 等、

ちゃんと出来るように。


その為に まずは ワタシがお手本になり、

意識的に大きな声で 挨拶します。



本当は ワタシの姿を見て 真似てくれるようになったらいいのですが、

なかなか うまくいかないので、 声掛けでフォローします。



「ご挨拶しようね」 と ストレートに言うときもあれば、

「なんていうの?」 と 遠回しに促すことも。




朝、 オトンさんに買ってもらった 電動自転車に3人乗りして家を出るのですが、

小学校の通学路でもあるため、 自治会長さんや管理人さん(※)が

黄色い旗を持って 所々に立っています。

※ハナハチ家のある住宅街には管理人さんが常駐しています。



基本的に 時間に追われて 切羽詰っている朝なので、

猛スピードで通過するのですが、 ←超危険

通過しながら

「おっはようございまぁ~す!」

と カナミンとシオリンは 怒鳴ります 違う、 叫びます 違う、 言います。 爆



あんまり大きな声なので、 周りの通学・通勤の人は何事かと振り返るし、

近所迷惑極まりないのは重々承知ですが、 

朝から元気よく挨拶することはいい事だと思い、 そのまま続けています。


自治会長さんや管理人さんも にこやかに答えてくれるし。




最近では

お店でレジを通した商品を手渡してもらったときの 「ありがとう」、

保育園から帰った時に お留守番していたハナへの 「ただいま」 等、

ワタシが何も言わなくても 少しずつですが 挨拶出来ることが増えてきました。



二人とも恥ずかしがり屋なので、 なるべく習慣付けて、

“挨拶するのが普通”  という日常にしていきたいと思います。



まずは 大人がお手本にならないと って思いますね。




・余談

子供たちが小さい頃は、 なかなかゆっくりアイロンする時間がとれませんでしたが、

(夜寝かせても ワタシが横にいないと すぐ起きてしまってました。)

最近は 夜の自由時間も取れるようになったので、

思う存分 アイロンを楽しめます♪



特に この袖部分が好き~
2015022401


ピシッとなると すっきりします。

自己満足です。 はい。




************************
 目指すは 大和撫子な女子 です。
 参加中のランキング
  にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  ←←←応援ポチッとお願いします
************************


copyright 2005-2007 ハナと、私と、オッサンと。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。