ハナと、私と、オッサンと。
ハナハチ家の記録です。

プロフィール

ハナハチ

Author:ハナハチ
4歳女子と2歳女子と7歳女犬と、
3?歳オッサンと4人暮らし。
日々のこと、考えること、買い物のこと等を書いています。
*********
7年前、家を建てて結婚して(順番逆。爆)、ハナを迎え、カナミンとシオリンが生まれ、今に至ります。
◆好き◆
 買い物 → 元気の源です。
 家事  → 中でも洗濯が大好き。
 旅行  → いつかは子供たちとハワイに♪
◆嫌い◆
 虫   → 触れません。見るのも無理。
 鳥   → 怖いです。
 仕事  → 2度の育児休暇を経て、ワーママ中!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
登山記録(金剛山)

数十年に一度の大寒波!

なんて言われる程の極寒な先々週末、 樹氷見たさに金剛山に登ってきました。



※業務連絡
 2週連続で子供たちを放ったらかして山登りして、ごめんなさい。
 気候、参加メンバー、女子都合(月のモノ)等を考慮して、
 このタイミングを逃すわけにいかず。
 留守中、子供たちを遊びに連れていってくれて、ありがとう。
 でも、、、ひらぱーの年間パス3人分購入してたのは、想定外でした。w




この日の関西(日本中ですね)は 大寒波が襲来し、

この気候で 初心者のワタシ(アイゼン未経験)が山に行って大丈夫か・・・

と 不安になりながら行きました。



が、 いっぱいいました。 

極寒の中、 山に登ろうという 登山バカ が。 笑



金剛山の登山口行のバスは 満員で1本見送る程。

やっと乗ったバスも、 満席+立ってる人でパンパンでした。


皆、 好きねー。 笑



登山口。 ←既に雪
2016020101




この時の気温、 1度。


オッサンが誕生日にプレゼントしてくれた プロトレック(登山用腕時計)、

やっと活用できました。 w



みんなで出発
2016020102



初の金剛山なので、 どんな道かドキドキしながら登ったのですが、

ほぼ階段でした。

2016020103



先週の悪夢(太もも崩壊)が蘇りましたが、

山頂はマイナス気温の予報なので、 登山経験の豊富なメンバーが

「絶対に汗をかくな! かいたら凍死するぞ!」

と何度も何度も忠告してくれたので、 ゆっくり登って太ももは無事でした。笑




標高が上がるにつれて 雪も深く
2016020104



気温が低いので パウダースノーです。

2016020105
2016020106


今シーズン初の雪だったので、

雪を触ったり、 踏んだ感触を楽しんだりして、

そうこうしている内に あっという間に頂上に到着。


2016020107




楽勝でした♪



この日は気温こそ低かったものの、 晴天で空気が澄んでいて、

綺麗な眺めを見ることができました。


2016020108




これだけ綺麗に見えるのは 珍しいそうです。

いつも モヤッているそうです。




ちょっとだけ樹氷も見れました。



2016020109




この時点で11時だったので、 恒例のカップラーメンを作ってもらい、

皆で食べて、 葛城山方面へ向かいます。


まさかの気温マイナス10度!

2016020110




カップラーメンを持つ手が寒さで麻痺します。。。




下りなので、 アイゼン装着!

初アイゼン
2016020111





下り道はアイゼンに全信頼をおいて下ります。

凍結しているので、 滑ったら 本当に危険。。



かなり神経を集中して歩くので、 写真を撮る余裕もなく、

ただひたすら コケないように、 滑らないように、

慎重に歩きました。


今回は、 肉体的疲労というより、 この神経を使う事で疲れました。



あとは2回目の葛城山。

ここからは 例によって写真なし。。。


最初は張り切って機内モードにしていたのに、

途中で機内モードにするのを忘れ、 また充電が無くなりそうという事態で。。


携帯の予備充電器、 買おう。




初の雪山登山、 寒かったけど楽しかったです!

金剛山も初心者向きなので、 一人でも行けそう! ←平日に



オッサンと子供たちは ロープウェイで登ってもらって、

頂上で合流・・・ もアリかな♪ なんて、 無謀な想像をしています。 笑



伊吹山(前回途中で断念)も、 再チャレンジしたいなー。





・余談

この登山の面白さを、 オッサンと子供たちにも味わってもらいたく、

家族で登山を目論んでいます。


きっとシオリンは オッサンが担いで登ることになるのですが、 w

そういう 子供を担ぐ登山グッズもあるようです。


そうしたら、 いました。


2016020112



シオリンくらいの子供を担いで登る お父さん。

なんか、、、 不憫でした。 爆

(すれ違う人、 ほぼ全員二度見してました。)


ちなみに シオリンの体重、 カナミンに追いつきそう。 w

ぶーたー。 www



************************
 パウダースノーを踏み込む時の「キュッキュッ」、なんか懐かしかったです。←雪国育ち♪
 参加中のランキング
  にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  ←←←応援ポチッとお願いします
************************

スポンサーサイト
★☆★この記事に対するコメント★☆★














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 ハナと、私と、オッサンと。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。